« 覚書 その2 | トップページ | 四十九日 »

手術・覚書3

今日、4月22日とうとう手術の日。

全身麻酔をかけるので、当然朝食、水はあげられず。

もちろん私も食べない。

みーちゃんはなぜ時間になってもご飯をもらえないのか理解できず

キッチンでずっと座りこみ。

9時半お散歩のように歩いて病院へ。

頑張るんだよ、とよく言い聞かせて先生にお任せする。

手術はお昼から、約一時間半の予定。

自宅で終了の電話を待つ長い時間、、、。

2時半に先生より電話、手術は無事終了し麻酔からも醒めはじめた様子。

夜、主人と二人で手術の説明、面会に行く。

摘出した脾臓を見せてくれて、説明を受ける。

そのものを見ても良性か悪性かはわからないとの事。

肝臓なども見てくれたそうだが、とくに気になる所見なし。

ただ、脂肪の量が多く、手術は難儀したと言われ、、(汗)

検査の結果は約1週間後。

良性でありますように(祈)

みーちゃんは麻酔から醒めて、一人でちゃんと立ち、先生からもらったフードを

パクパク食べた、良かった。

おしっこをさせようと先生と3人でみーちゃんを外に連れて行ってみると

家の方向に一目散に歩こうとする。

入院は3~4日間の予定。

|

« 覚書 その2 | トップページ | 四十九日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚書 その2 | トップページ | 四十九日 »