« 覚書 | トップページ | 手術・覚書3 »

覚書 その2

腫瘍発見から1週間が経ち、もう一度エコー検査に行って来ました。

腫瘍の大きさは3センチ弱と変わらず。

先生に家族で話し合った結果、手術をしてほしいと伝える。

先生もその方が良いと判断し、術後のケアを考えて

GW前に退院出来るように手術日は4月22日に決まる。

先生もそれまでに心臓の事を鑑みた麻酔プランを考えてくれると

言ってくれた。

正直、現在は本人に自覚症状もなく、いつもと変わらない。

麻酔のリスクを考えると手術を躊躇しなくもないけれど

腫瘍があるのは間違いなく、脾臓の腫瘍については

いやというほどネットで調べた。

今は小さくて破裂の危険性は低いけれど、時間が経てば経つほど

心臓のほうが悪くなり、いざ破裂してしまった場合、心臓が

手術に耐えられなくなる可能性がある。

幸いにも現在は心臓の方もほとんど症状が出ていない(レントゲン画像

での肥大、心雑音はあるが)

いつやるか、今でしょ、、(冗談が言えるくらいにはなった(笑))

少し時間があるので、体調を崩させないように十分気をつけて

手術に備えます。

Mig

|

« 覚書 | トップページ | 手術・覚書3 »

コメント

手術まで日にちがありすぎて、それはそれで辛いかな?
と思ったけど
色々調べたり、深呼吸したり、万全に準備が出来るのは良い事だ。
冗談も言えるようになったようだし(笑
小さいうちに取れるのは、本当にラッキーだね。
術後は家族全員でつきっきり、蝶よ花よでちやほやして下さい。
悪い事は考えない!heart


投稿: ナナ拓母 | 2013年4月 4日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚書 | トップページ | 手術・覚書3 »